UXデザインを考える上で重要!スクラム改善の概要と事例を解説

最近、企業ではユーザーが快適にサービスを利用できるシステムが非常に重視されています。優れたデザインは、企業の収益に大きな影響を及ぼすことが明らかになってきたためです。こうしたデザインのことをUXデザインと呼びます。

利用者が直感的に使い方を把握できるサイトデザインを考えるためには、UXデザインが必要です。またUXデザインを開発する上ではwebデザイナーが重要な役割を担います。さらにUXデザインを考える上では、開発に必要な技術を持った人が少人数のチームになってプロジェクトに取り組むスクラム改善が有効です。

この記事ではUXデザインを開発する際に重要なスクラム改善と、webデザイナーの重要性を解説します。


スクラム改善とはどのような手法か

まずはスクラム改善とはどのようなものなのかを解説します。

スクラム改善とは、少人数のチームで集まり協力しながらひとつのプロジェクトの目標達成を目指すことです。スクラム改善では、一定期間ごとに複数の機能を開発していくことを重視しています。そのため、1度決定した計画を達成することを重視するウォーターフォール開発とは異なる取り組みです。

さらにスクラム改善ではチーム関係者同士でこまめにフィードバックを出し合うこともありません。柔軟なスケジュール調整も行いません。あくまでも1つの期間内に新機能を開発することに重点をおいています。

スクラム改善ではまず、最終的な製品に求められる要素に優先順位をつけます。その上でつけた優先順位順に機能を作成します。作成期間は1〜4週間などの短い期間で区切らなければなりません。期間を区切った上でスケジュール管理を行います。

スクラム改善では、チームメンバー間のコミュニケーションも重要です。プロジェクトの進捗や状況などをこまめに確認しあいながら、問題がないかをチェックします。作成した機能が、誤ったものではないかを定期的に確認する場も必要です。

こうした取り組み方が利用者満足度の高いデザインを開発する上でも求められます。そのためwebデザイナーもスクラム改善のチームに組み込まれることも多いです。


UXデザインを考える際にスクラム改善は重要

最近のビジネスではユーザーが心地よく使えるサービスやシステムが重視されています。ユーザーが心地よく使えるよう開発されたシステムのことを「UXデザイン」と呼びます。UXとはUser Experience(ユーザーエクスペリエンス)の略称です。日本語では「ユーザー体験」とも言われています。

優れたUXデザインは企業の売り上げにも大きな影響を及ぼします。後述しますが、UXデザインによって大きな利益を得た事例も少なくありません。

実際に利用者がUXデザインによるシステムを利用する際、重要になってくるのがUI(User Interface ユーザーインターフェース)です。UIは製品の形状やサイトのデザインなどを指します。

UIはシステム利用者が直感的に使い方が分かることが非常に重要です。現在webデザイナーにはUIデザインを考える能力が求められています。

UXの高いデザインを開発する上ではスクラム改善が有効です。スクラム改善では、短期間で複数の機能をチームで開発できるため、UXデザインを効率よく作れます。新機能の追加やこまめな改善によってシステム利用者が迷うのを防げるのです。


Webデザイナーにもスクラム改善に取り組むことが求められる

UXデザインで構成されたシステムでは、利用者が迷わずシステムを使いこなせることが求められます。製品の形状やサイトのデザインを工夫しなければなりません。こうしたデザインを考える上でwebデザイナーは非常に重要な役割を担っています。

そのためUXデザインを作る際のスクラム改善には、webデザイナーもチームメンバーとしての参加が求められることがあります。


身近なUXデザインの事例

ユーザーが直感的に利用方法を把握できるUXデザインは、私たちの日常生活の中にもあふれています。UXデザインの身近な事例をいくつか紹介しましょう。

LINE

日本国内で8,400万人を越える人たちが使用しているコミュニケーションツールであるLINEは、優れたUXデザインと使いやすいデザインによって世界中から支持を集めています。

直感的に使い方が分かるデザインは子供からお年寄りまで、幅広い世代の人々が簡単に離れた人とのコミュニケーションが可能です。

クックパッド

クックパッドのアプリは、料理レシピの投稿サイトとして高い知名度を誇り、利用者満足度が高いことでも知られています。従来は本や手書きメモでレシピを調べたり考えたりしなければなりませんでしたが、クックパッドの登場によってこうした手間が省けるようになりました。一度利用した人が「また利用したい」と思わせるデザインが人気を集めている理由です。

Twitter

短い文章を手軽に投稿できる上に高い拡散力を持っているSNSであるTwitterは、ユーザーが求めている情報を効率よく入手できるデザインにもこだわっています。2019年からはユーザーの過去の履歴から関連性の高い投稿を上位に表示させる機能も備えられました。

投稿やタイムラインのチェックも簡単な操作でできるようデザインが工夫されています。


Webデザイナーがスクラム改善に取り組む際のポイント

スクラム改善ではチームメンバー全員の取り組み方が重要になってくるため、webデザイナーにも積極的なチーム参加が求められます。以下ではwebデザイナーがスクラム改善に取り組む際のポイントを紹介ししょう。

1.主体性を持つ

スクラム改善ではチーム全体が円滑に動くことが重要です。そのため、webデザイナーも主体性が求められます。常に後手に回るような行動はチームの目標達成の妨げになる恐れもあります。

積極的にチームメンバーとコミュニケーションをとり、プロジェクトの状況を確認するようにしましょう。

2.常に先を見越した上で動く

目の前の仕事に一生懸命取り組むことも重要ですが、スクラム改善では先を見越した上で行動することが求められます。これは全てのチームメンバーに言えることであり、webデザイナーも例外ではありません。

最終的なゴールを念頭に入れた上で行動するようにしましょう。

3.チーム間での情報共有をこまめに行う

スクラム改善では情報共有ができていない場合、計画が行き詰まってしまうことがあります。壁にぶつかってしまったがために、計画をいちからやり直さなければならなくなる恐れもあります。

このようなリスクを回避するために、チーム間での情報共有はこまめに行うようにしましょう。webデザイナーも積極的に情報共有に参加することが求められます。


UXデザインを考える上でデザイナーは欠かせない

利用者が快適にシステムやサービスを利用できるようにするため、UXデザインを開発する際のスクラム改善にwebデザイナーが関わることも多いです。スクラム改善について理解した上でプロジェクトに取り組むようにしましょう。

ライター
鈴木 詩織