WEBデザイナー・クリエイターを目指す人向けのスクール・学校まとめ

これからクリエイターとして転職・キャリアアップを考えている人向けの、夜間授業あり・そして短期間で学べるスクールを紹介します。学校に通うとなると時間が取られて大変なイメージがあるかもしれません。ところが、分からない点をすぐに質問できるので、独学より効率良く学習できたり、周りの生徒からもデザインスキルや自分では思いつかないデザインの視点を学べたりします。

各学校ならではの強みや特徴があるので、自分が目指す未来に一番近い学校を検討してください。


東京デザインプレックス

実力ある講師から短期間でスキルアップを目指すには、東京デザインプレックス研究所がおすすめです。

東京デザインプレックス研究所は、次世代のデザイナーを育成する「東京発!コンテンポラリーデザインの複合型教育機関」として、デザイン業界で抜群の就・転職実績を誇ります。講師にはトップクリエイターや現役デザイナーが集結し、授業は少人数制・実践形式による独自の教育を行っています。

この専門学校は、「大人のためのデザイン専門学校」として有名で、社会人でも安心のコースが充実しています。社会人向けに土日のコース、平日夜コースが用意されています。授業欠席の際は振替が可能です。

この学校の大きな特徴は、プレックスプログラムという、デザイン業界で活躍する有名クリエイターが講師を務めるプログラムがあることです。平日夜、土日に実施されることが多く、この学校の生徒であれば誰でも興味のある回に参加することができます。人気の授業の場合は抽選になることもあります。

学べる内容は大きく以下の3つに分かれます。

  • Web グラフィックデザイン
  • 空間デザイン
  • デザインストラテジー UI/UX

各専攻/コースは、それぞれのスキルや希望に応じてカスタマイズできます。個別カウンセリングも充実しており、コースの選択や業界・就職・転職・資格のことに至るまで、あらゆる相談に対応してもらえます。未経験で何から始めたら良いかわからない人も、個別カウンセリングがあるので安心です。1年間みっちり通うコースから、1ヶ月の短期間コースまであります。


デジタルハリウッド(クリエイター育成専門スクール)

デジタルハリウッド(クリエイター育成専門スクール)は未経験からの就職・転職、フリーランス、起業など目的別に選べるコースラインナップが充実している学校です。効果と効率を追求したカリキュラムと永年利用のサポートを一体としています。

他の学校との違いは、Webデザイナーとしてのスキル(Webデザイン・Webコーディング)を学ぶだけでなく、フリーランスとして仕事を獲得できるようなサポートがあること。バナー制作に特化したクラウドソーシングを運営するクリエイターズマッチ監修のバナー講座がセットになった、充実のカリキュラムが組まれているコースがあります。

授業内容は以下の大きく以下のように分類されます。

  • デザイナー 専攻
  • フリーランススタートアップパック
  • グラフィック経験者プラン
  • Web担当者プラン
  • 副業スタートアップパック

選抜試験のあるコース(本科)、選抜試験のないコース(専科)、短期講座があり、それぞれのスキルレベルやライフスタイルに合わせて柔軟に選択できます。


日本デザイナー学院

日本デザイナー学院は、東京都渋谷区にあるデザイン・漫画の専門学校です。数年間学校に通い丁寧な基礎作りをしたい方は、この学校がおすすめです。日本デザイナー学院の教育理念は「Real Education」というもので、机上の教育ばかりでなく、実践教育に力を入れている点が特徴です。また、教育方針は「自分らしさを知り、自分らしさを創り、勝負しよう!自分だけの創造力を身につけよう」というもので、自分らしさを引き出す個別指導を得意としています。

授業・コース内容は以下のものがあります。

<専門課程I部(昼間部)>

  • 総合デザイン科 (グラフィックデザイン専攻/ビジュアルデザイン専攻)
  • 総合イラストレーション科
  • グラフィックデザイン科
  • イラストレーション科
  • インテリアデザイン科
  • コミックイラスト科
  • マンガ科

<専門課程II部(夜間部)>

  • グラフィックデザイン科   

<附帯教育>

  • マンガ専科 (プロデビューコース/マンガ家育成コース)

※このコースは、専門課程I部、専門課程II部を卒業した方、もしくは同分野専門学校、大学・短期大学を卒業(見込含む)された方が対象となるため、条件を確認ください。

実践経験豊かなプロフェッショナルな先生方が、学生一人一人の思いや能力を引き出し、「かたち」となるよう徹底的にトレーニングします。


東京デザイン専門学校 <夜間・週末昼/社会人対象 キャリアコース

東京デザイン専門学校は、JR原宿駅から徒歩2分という通いやすい立地にあり、日々の生活の中でも感性を刺激し磨くことができる学校です。東京デザイン専門学校キャリアコースは、働きながら学びたい人向けに、「夜間・週末昼/社会人対象」の授業が充実しています。

受講生は普段仕事をしている方が約8割で、大学生とのダブルスクール生は2割程度。目的や目標が明確な生徒が多いので、周りに刺激を受けながら前向きに勉強することができます。この学校の大きなメリットは、無制限で就職相談や各種サポートが受けられること。振替授業はありませんが、休んだ授業の内容は次の授業時に講師が個別でフォローをします。

コースは以下の4つです。

  • グラフィックデザインコース(12ヶ月)
  • イラストレーションコース(約1年)
  • グラフィックデザイン入門コース(約3ヶ月)
  • Webデザイン短期速習コース(約4ヶ月)

なんといっても、クリエイティブ業界で働く人にとって立地の良さは魅力。原宿の企業やショップ・商店街との産学連携で街を実際にデザインするカリキュラムも導入されていて、原宿ならではの授業を味わうことができます。


自分の目的に合いそうな学校を調べてみよう

クリエイターを目指す方におすすめのデザイン学校は

  • 東京デザインプレックス
  • デジタルハリウッド
  • 日本デザイナー学院
  • 東京デザイン専門学校

です。自分の受けたい授業をカスタマイズできる学校や、仕事に繋がるサポートを受けられる学校、社会人向けに土日、夜間のコースが充実した学校など、それぞれの学校に魅力や特徴があります。ぜひ自分に合う学校を見つけましょう。


ARCHETYPのオンラインスクールも要チェック!

現在、ARCHETYPでは「アーキタイプアカデミー」というクリエイティブ人材専門の研修制度を展開しています。未経験でも受講が可能で、アセスメントから一般常識、専門技術まで幅広く学ぶことができます。

将来性の高いIT業界でキャリアを積みたいと考えている人は、アーキタイプアカデミーに応募してみませんか? IT人材として継続的に活躍するための成長を支援します。興味のある人は、アーキタイプ自社サイトからメルマガ登録、またはTwitterFacebook をチェックしてください。

ライター
ダンボ