睡眠改善でパフォーマンスアップ!
日中活動に着目した睡眠改善アプリ「ねるとく」

働き方を改善するためには、日々の仕事のパフォーマンスを向上させることが欠かせません。

パフォーマンスアップの方法は色々とありますが、切っても切れない関係なのが「睡眠」です。

近年は一定時間の昼寝が脳のパフォーマンスを向上させるという研究結果も出ていますが、やはり重要なのは夜間の睡眠の質。良質な睡眠を取ることが翌日のパフォーマンスを向上につながることは多くの人が認識していることでしょう。

そんな中、睡眠の質を高めるために「日中活動」にフォーカスしたアプリサービス「ねるとく」が登場しました。

開発したのは、「モノヅクリとサービス開発で豊かな睡眠生活を実現する」ことをモットーとする株式会社エムール。

同社は眠りに関連する日中活動の推奨時刻をガイド・記録するスケジューラ―アプリ「ねるとく」の無料配信を2019年12月24日より開始しました。


「ねるとく」のコンセプトは、「イイ眠りはイイ一日から」。

眠りに関連する日中活動の推奨時刻をガイド・記録することで、ユーザー自身がぐっすり眠れた一日を再現し習慣化していくことをサポートするスマートフォンアプリです。

■開発の背景:日中の行動が体内時計を安定化させる

睡眠改善の臨床現場では、しばしば睡眠日誌と呼ばれる睡眠の主観記録と振り返りを行うことで、習慣改善を促すことがよくあります。

また近年、人間の体内時計は、光だけでなく食事などの生活行動からも影響を受けることがわかってきています。

そこで同社は、睡眠改善学(一般社団法人 日本睡眠改善協議会)を背景に、良質な睡眠を得るための理想的な日中行動(以下、モデルスケジュール)を策定し、それを適切にガイドすることで体内時計を安定化させ睡眠習慣の改善をサポートするアプリ「ねるとく」を開発しました。


■アプリの機能:睡眠に悪影響を及ぼす行動を注意喚起!

・ユーザーの起床・就寝時刻に合わせ、快眠のためのモデルスケジュールを生成、通知

・iOSカレンダーと連携し、スケジューラ―としても使える

・睡眠(体内時計)に影響のある日中行動の時刻を記録

・睡眠計測で自分の眠りを記録したり、朝の気分を記録

・行動⇔睡眠の因果を記録することで、快眠のための自分なりのモデルスケジュールが見つかる

・睡眠に悪影響をおよぼす行動を注意喚起

・モデルスケジュール通りに過ごせたり、日中行動を記録するたびにコインが溜まる


■今後の計画:オリジナル寝具インテリアの販売も!

まずは多くのユーザーに睡眠や体内時計を意識した生活習慣に関心をもたせることが目的のため、しばらくはアプリを無料配信しています。

今後、貯めたコインを使用するためのコンテンツの開発や、当社が扱う4,000超のオリジナル寝具インテリアと組み合わせた環境サポート機能との連動等を計画しています。


■アプリ情報
タイトル:ねるとく
ジャンル:ヘルスケア/フィットネス
価  格:基本無料
対応機種:iOS
必須環境:【iOS版】必須環境:iOS 12.0および13.0以降
配信開始日:2019年12月
提供・開発・運営:株式会社エムール
ダウンロードURL:
https://apps.apple.com/jp/app/id1483411859
サービスサイトURL:
https://emoor.co.jp/nerutoku/

【会社概要】
社名:株式会社エムール
本社所在地:東京都立川市曙町1-25-12オリンピック曙町ビル9階
代表者:代表取締役 高橋 幸司
事業内容:寝具家具インテリアの企画開発・インターネット販売・睡眠改善サービスの企画開発
URL: https://emoor.co.jp/

「眠りで世界の人を元気にする」をビジョンに掲げ、2006年に創業。寝具インテリアの企画開発と販売を手掛ける。2010年より寝具による睡眠データの収集に取り組み、2018年より専門的な見地からのデータ収集と分析を目的として睡眠・生活研究所を設立。また、同年、法人向け睡眠改善ソリューションの提供を目的に、株式会社スリープテクネを設立。専門的な知見とモノとITを駆使することで、睡眠課題という人類の持つ「のびしろ」を具体的なカタチにしていく。