SaaSとは?SaaS利用率が順調に伸びていているCRM・SFAについても解説

SaaS利用率が低いといわれる日本で、CRM(カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)やSFA(セールス・フォース・オートメーション)でSaaSを導入する企業が徐々に増えていることを知っていますか?

国内企業を対象に、矢野経済研究所が2018年に実施したSaaS利用状況調査では、CRM・SFAのSaaS利用率が順調に伸びていることがわかりました。本記事は、SaaSについての基礎知識をおさらいし、導入のメリットやデメリットを理解できるよう解説しています。CRM・SFA早わかりも含んでいるので、最後まで読みすすめてください。


SaaS(ソフトウェア・アズ・ア・サービス)について

SaaSについておさらいしましょう。SaaSとはSoftware as a Service(ソフトウェア・アズ・ア・サービス)のことで、インターネット経由で高度な業務処理サービスを提供する仕組みのことです。

つまり、インターネットに接続したデバイスから、ウェブブラウザ経由で業務アプリケーションを利用できる、クラウドモデルの一形態がSaaSということ。CRM・SFAをはじめ、財務・会計、人事・給与、販売管理、生産管理・SCMなど、幅広いサービスが提供されています。

SaaSを利用するユーザは、基盤であるネットワーク、サーバー、オペレーティングシステム、ストレージ、アプリケーションを管理・コントロールする権限はありません。ただし、アプリケーションの構成についてカスタマイズ(設定)することは可能です。

業務遂行に必要なデータを含む情報システムは、ネットの向こう側にSaaSサービスプロバイダーが維持管理をおこなっています。


SaaS導入のメリットとデメリット

業務アプリケーションとしてSaaSを選ぶメリットは、ユーザ側の大きな負担をSaaSサービスプロバイダーが担っている点です。

SaaS サービスプロバイダーが提供するサービスには、アプリケーション機能、システムの管理・運用、ユーザをサポートするヘルプデスク業務なども含まれています。

SaaSを利用する場合には、利用者数や事業規模に合わせて利用料金を選べるため、必要なサービスだけ利用してコストを抑えることが可能になるのです。

またSaaS サービスプロバイダーが、法令順守 チェック、セキュリティスキャン、バックアップ、および災害復旧などのデータの専門的な管理も担う場合があります。

従来の自社所有システムやパッケージソフトと比べると、導入が簡単で初期費用を大幅に削減できる点もメリットです。

一方で、SaaSはインタフェースがユーザのブラウザに依存しています。たとえばブラウザがウィルスに感染した場合に、感染したブラウザでSaaSアプリケーションにアクセスしただけで、ユーザのデータが侵害されてしまうデメリットがあります。

また信頼性のある、継続的に利用できるインターネットというネットワークの存在が、利用のSaaS利用の大前提だという点もデメリットといえるでしょう。


CRM(顧客関係管理)とは?CRMでできること

SaaSの利用率が伸びているCRMとは、Customer Relationship Management (カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)の略で、顧客関係管理のことです。

顧客とのコミュニケーションを記録・分析し、チーム内で共有することで、顧客の潜在的ニーズにあったアクションをベストのタイミングで導き出すことを目的としています。

顧客情報を一元化できるため、チーム全体で顧客に対してタイムリーなケアやサポートを提供できるようになるのです。

他社のさまざまなツールと連携できる柔軟性、世界中でレビュー評価件数5000以上と高い導入実績、低コストで導入できるCRMといえば、Zoho CRM。電話、チャット、メールやSNSを通じたコミュニケーションを一元管理できるほか、顧客の興味・関心を分析できる点が人気で、クリエーターやエンジニアにもおすすめです。


SFA(営業支援)とは?SFAでできること

SFAとは、Sales Force Automation(セールス・フォース・オートメーション)の略で、営業支援ツールのことです。

既存顧客や見込顧客に対する過去の商談の履歴、進行中の案件の進捗状況、期限やアポイントメントなどのスケジュール管理などを記録・管理。受注予測や営業日報としても利用可能です。

セールスフォース(営業部隊)の営業活動を見える化し、営業支援をおこなうことで業務の効率化をはかることを目的としています。

デザイナーやエンジニアとしても、業務の効率化は緊急の課題です。「働き方改革」を実現するために、高い導入実績を誇るKnowledge Suiteをはじめとする、SFAの導入を検討するというのもありでしょう。


SaaS型業務アプリケーションで業務の効率化を目指そう

SaaSについての基礎概念やメリット・デメリット、SaaSの利用率が順調に伸びているCRM・SFAについて解説しました。

デザイナーやエンジニアも、業務の効率化を考えなくてはならない時代です。ウェブブラウザ経由で業務アプリケーションを利用できるSaaSは、ソリューションとなりえるのではないでしょうか? この記事をもとに、SaaSアプリケーションについてぜひ調べてみてください。

ライター
Mystyrose