エンジニアで注目のnoteユーザー3選|自己研鑽・情報収集にも最適

エンジニアとして日々を過ごしていると、自己研鑽の時間をとるのが難しいと感じることがあるのではないでしょうか。そんなときには、noteを活用するのがおすすめです。

noteには、エンジニアの方が執筆した記事もたくさんあります。企業勤めの方だけでなく、フリーランスの方の記事もあるので、幅広く情報収集ができるでしょう。

今回は、3名のエンジニアユーザーを紹介します。noteで注目の方をまとめました。おすすめの記事やプロフィール等を紹介しているので、「どんな記事を読んだらいいのかわからない」「noteはユーザーが多すぎて、どれを読むべきかわからない」という場合に参考にしてください。


i Smart Technologies CTOの「imaimai」さん

https://note.com/imaimai

はじめに紹介するのは、imaimaiさんです。imaimaiさんは、東大やNEEを経て、現在i Smart TechnologiesのCTOとして活躍されています。

noteに投稿されている内容は、主にIoT関連のものです。ここでは、特におすすめの記事を2つ紹介します。

1つ目の注目記事は、noteの定番記事にも選ばれている「コーヒーマシンをIoT化。減りが早い本当の理由に一同驚愕!涙が止まらない…」です。この記事では、imaimaiさんが会社のコーヒーマシンの利用率を見るために試行錯誤をしています。具体的な方法は記事をご覧ください。既存のマシンを生かしつつIoT化しており、興味深い内容となっています。

2つ目は、「あの日、自転車を撤去された私は、IoTポストの制作に取り掛かった。」という記事です。ポストの扉部分が磁石であることを利用し、投函されたことを検知できるようにしています。写真付きでSlackに通知をプッシュする仕組みも取り入れており、こちらも面白い内容です。

このようなライトな記事のほか、技術者向けの「ゼロから作るIoT」マガジンもあります。こちらには、より専門性の高い記事が投稿されているので、学びにも役立つでしょう。主にAWS関連の記事が多くなっています。


フリーランスであり会社員エンジニアの「shu223」さん

https://note.com/shu223

続いての注目ユーザーは、フリーランスと会社員の複業をしているshu223さんです。フリーランスではiOSエンジニアとして活躍しています。

noteでは、主にフリーランスエンジニアの働き方などについて公開されています。今回は、フリーランスの方や、これからフリーランスになりたい方向けに、注目の記事を2つ紹介します。

1つ目の注目記事は、「フリーランスの単価設定 – 最初の値付け編」。フリーランスになると、自分で営業し仕事を獲得することになります。営業時に迷うのが、単価設定ではないでしょうか。この記事は、shu223さんの経験をもとに単価の設定について書かれています。参考にしてみてください。

2つ目の注目記事は、「withコロナ時代のフリーランスエンジニアの生存戦略」です。もしも業務量が減ったとき、あなたならどのように戦略を練りますか。この記事では、shu223さんの仕事が減ったときの体験談が書かれています。それに加え、仕事が減ってしまったからこそチャレンジした手法が具体的に紹介されています。参考にしてみてください。

shu223さんは、「代表作」というマガジンも公開しています。名前の通り、話題になった記事がまとめられているので、まずはそこからチェックするのもおすすめです。


note CTOの「こんぴゅ」さん

[画像]

https://note.com/konpyu

noteのエンジニアである「こんぴゅ」さんもおすすめです。noteの仕組みがわかる記事も多く、特にWeb系エンジニアの方にぴったりでしょう。おすすめの記事を2つ紹介します。

1つ目の注目記事は、「noteのドメイン移行を支えた技術」です。noteは昨年、それまでの「

.mu」から「.com」ドメインに移行しました。noteは移行前から2,000万MAUもあるサイトのため、ドメイン移行の参考にできるでしょう。要件整理から、移行時の状況まで記されています。

2つ目の注目記事は、「noteの決して止まらないカイゼンを支える、エンジニアリングへの挑戦」です。noteといえば、多くの機能改善をしていることでも有名です。この記事では、noteの「カイゼン」のためにエンジニアがどう動いているのかが紹介されています。個々のカイゼン事例ではなく、note全体から見たエンジニアの立ち位置など、視座の高い内容となっています。参考にしてみてください。

そのほか、こんぴゅさんの記事ではnoteの話だけでなく、エンジニアとしての悩みやあり方についても書かれています。


noteのエンジニア向けまとめ記事も参考にしよう

本記事では、エンジニア向けのおすすめのnoteを紹介しました。今回注目した3名のほかにも、有益な情報を発信している方はたくさんいます。noteでは、ハッシュタグで検索することも可能です。「#エンジニア」と検索すると、最近注目されている記事や、人気の定番記事、新着記事を簡単に検索できるので試してみてください。 また、noteが公式でまとめている「#エンジニア 系記事まとめ」もおすすめです。この記事執筆時で741本の記事がまとめられているので、こちらのマガジンを読むのも良いでしょう。

ライター
Yuya Suzuki